上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ZRXの修理費の見積もりを聞きました。

まだ確定の値段ではないですが、予想以上に高いです。

気になる人は本人にメールして聞いてくらさい。

乗り換えたい!とか修理する!とか、バイクのことで頭がいっぱい・・・・

彼女にも『バイクのことばっか考えてるね』って言われてしまうくらい、はたから見てて、俺はへこんでるらしい。


修理費を聞いて現実に直面したってのもあるのか、どうしたらいいのか、どうしたいのかわからなくなった。


母さんと電話しました。

母は僕がおもうに、めちゃくちゃお金に関してはしっかりした人です。

親父の収入と、母のお金の管理があるから、ぼくは大学にいけてるとおもいます。

だから母さんに電話しました。

僕はまだまだ、子供でした・・・・

母は偉大でした。

修理費がすごいんなら、いっそソレを頭金にローーンでビックバーイク!!なんて思ってた自分が、凄い幼稚やと思いました。

詳細は心のうちにとどめておきますが、


母と電話して、出た答えは、ZRXを修理します。




恥ずかしながら、母さんと電話して、映画のクライマックスかって思うほど、泣いてしまいました。

やさしい母の言葉が、めっちゃ突き刺さりました。

今日は祝日なので、きっと電話している母のそばには、親父がいたにちがいない。

親父は何も言いませんでした。

こけたって電話したときも、何もいいませんでした。

親父という人間とその何も言わないって意味を考えたら、ほんまに申し訳ない気持ちでいっぱいです。


親父ごめんなさい。母さんごめんなさい。はやく大人になって恩返しがしたい。



またバイクに乗れる、この命があることを喜びます。

今日は青空が見える。

また、僕は走れる。
スポンサーサイト
2006.09.18 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。